私立高校へ行きたいけど行くべき?行かないほうが良い?3名の体験談




あなたは私立高校に行きたいけど、。現状行くべきか行かないほうが良いか悩んでいますね。
この悩みは大きな選択となりますし、お金もかなりかかることなので身長に悩み決めなければいけませんね。

その問題を放置しことはできませんし、悩める時間も限られている事でしょう。
今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りしますね。

私立高校と公立高校のどっちが良い?の体験談1

質問

私立高校に行きたいと考えています。
現在私は中3の受験生です。

今までは、断然安い公立に行きたいと思っていました。その公立高校は悪い評判も聞かないし進学実績も結構良くて、生徒の雰囲気も良かったのでここには入れたらいいなと思っていました。

しかし、その併願校の見学に2回(個別で見学と文化祭)に行ったのですが、その私立高校の方が行きたくなってしまったのです。

もちろん私立の方がずっとかなりお金がかかります。

それにこの私立の方が進学実績がないのです。

そこは女子高なのですが部活などもとても楽しそうで、ここで友達が出来たらどんなに良いだろうと思いました。私立なので施設も良いし、この環境で勉強したいなと思います。
しかし学費が高いんです。

受験雑誌によれば3年間で学費は250万円です。入学時では100万円です。それに通学費も公立もだけどあります。
バイトはそこでも禁止だし親もさせてくれないのです。

私の兄弟二人は中学からずっと私立です。

父は貯蓄もないし不安だと、しぶっていました。
私の母はむしろ私立に行ってもらいたいようで、「私も働くから大丈夫」「私立に行っていい」と言います。
両親は「公立の計算しちゃった」とか言っています。
母は「お父さんも行かせてあげたいんだよ」と言います。私も父はそう思ってくれていると思います。

家の手伝いもするし、勉強も頑張るから、私立に行かせてほしいです。

回答

公立と私立を比べて公立のほうが進学実績がいいなら断然公立をお勧めしますね。

高卒で働くつもりならまだしも大学受験を考えているからです。

私立高校の学費も確かに高いですが、私立大学の学費はさらに高いです。学費は半分出すとおっしゃいますが、具体的にいくらかかるか調べてありますか?バイトもできない環境なのに数十万単位のお金を高校生がどうやって作るんでしょう。

学費はかかるもの。それはどこの親御さんもわかっています。

あなたを希望する大学に行かせてあげたいと思うから高校は公立へ、という考え方もあるんですよ。

 

どうしても私立へ行きたいなら「国公立へ行ける頭ではない」と最初から努力しないのではなく、その学校にもし特待生制度があるのなら特待生で入れるくらい勉強することです。一度白紙に戻すつもりですべての資料を検討しましょう。

 

私立高校に行きたいのに生かせる気が無いと言われたの体験談2

質問

私立高校に行きたいのですがお金がありません。

母には私立高校に行かせる気はないと言われてしまいました。

私は海外に興味があり、将来は海外に関わる仕事をしたいと思っています。

でも私の家は決して裕福ではなく、むしろ中の下ぐらい、もしかしたらもっと下かもしれません。

家も「ボロボロだから建て替えてほしい」と、頼み建て替えたばかりでローンがまだまだあります。ここまで出費して貰っていて私立に行きたいなんてとても言えません。

私は私立の整った設備で学び、留学し、なまの英語を身に付け、将来の夢を叶えたいです。しかし、夢は諦めて黙って公立に行くしかないのでしょうか?

回答

私立に行ければ夢はかない、公立に行くなら夢を諦めなければならないです。

夢は「海外で仕事をすること」です。私立高校へ通い語学を習得するのは、あくまでも夢を叶えるための手段の「一つ」にしか過ぎません。

海外で仕事をするに際して、語学力もある程度求められますが、多少語学が怪しくても、目的を達成するためには一つの道に固執せず、誠実で粘り強く、臨機応変に別の道を探りながら結果を残す者が海外で受け入れられるのです。

公立高校に通いながら語学を習得する術を模索されてはいかがでしょうか。

公立高校出身で海外で20年仕事している私より

私立高校に行きたいことを言えません。の体験談3

質問

私立高校に行きたいのですが学費が高いのです。

しかし私立高校に行きたいことを、親にはいえません。

1年終了時で100万ちょいありました。

奨学金制度って言うのをネットで調べたら出てきたのですが、そういう援助などはどういう条件なら受けれますか

回答

高校生を対象とした奨学金は、そう大金は貸してくれないのです。

高校生対象の奨学金は意外と少なく、

1各都道府県に設置された奨学金
2各自治体の奨学金
3学校独自のもの

1と2は保護者の所得制限を設けている場合があります。
また子が借りる場合、親が連帯保証人になります。

で、申し込む時点で15~16歳ですよね。
この年齢の子に年間100万(3年で300万)貸し付けて将来返せと覚悟を迫るのは無理があります。
なので公的な奨学金はそう大金は設定されていません。
学納金が年間100万とか、大学並みの学費は想定していないんですね。
他には寮に入りたいとか、部活で出費が多いとか。
そういう「高校に付加価値」を求めるなら、それはやはり「家庭の責任」となるわけです。

他の方の回答に「志望大学の合格者」とありますが、高校の学費で奨学金を借りるほどだと、大学も少なからず奨学金頼りになるのでは?
返済が重複することもお忘れなく。

私立高校に行きたいとしても、気持ちだけでは通えずに様々な問題が邪魔をしてしまうことがあるのですね。