私立高校に通うためには親の年収いくら以上?3名の体験談




あなたはは私立高校に通いたいけど、親の年収がどのくらいなら通えるのだろうと不安になりますよね。
この悩みは高校に入学と言うことでアルバイトでためるわけにもいきませんし、親の年収が大きく関係してきますよね。
でもその問題を放置して勝手に私立高校に行こうとして行けるものでもありませんね。
今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りしますね

私立高校に通うために親の年収はどのくらい必要?の体験談1

質問

私立高校に通う高校生の親の年収はどれくらいが普通ですか?

1500万?1000万ですか?
それか、単にお金の使い方が上手いのか?

回答

ピンキリですね。
私立小学校に通えるほどの家庭は少ないですが、私立高校は就学補助(補助金)が出たりするので高収入でなくても行けますよ。
むしろ高収入だと補助金が出ないので。

親の年収800万で私立高校に通う?の体験談2

質問

親の年収800万で私立高校に通うのは厳しいですか。

僕は私立高校に通っています。

正直家計が厳しいらしく銀行から借金をしたり奨学金を申請したりしています。

そこで質問したいのが年収800万でこのまま私立高校に通うのは難しいかということです。
父の年収800万ですが手取りは600万程度でそれに母の年収の150万を合わせて750万くらいです。それに介護費用や妹の塾代やローンなどの出費が引かれます(具体的な金額は分かりません)。
やはりこんな貧乏ではこのままあと2年半高校には通い続けられませんかね。

回答

800万で貧乏と思うところで世間知らずだと思います。
平均年収を調べたら親の偉大さがわかりますよ。

私立高校に通う援助を受けられるのは年収いくた以下?体験談3

質問

私立高校の援助を受けられる人ってどんな家庭ですか?

中3で気になりました。

ちなみに親の年収は800万~900万ぐらいです。

回答

現在国の高等学校就学支援金とかがあります。

これは収入によって私立高校の授業料負担を減らします。と言う形になります。

親権者の収入が高いと受けれないかもしれません。(具体的には、住民税均等割額が30万4200円以下の世帯が対象で年収目安としては910万位だったと思います。)

その他にも県の就学給付金とかもありますが、こちらも住民税が非課税とかの条件があります。
支援金等についてはやはり所得が低い方が対象となるため親の年収がある程度高くなると対象から外れることになります。

東京、大阪等では授業料軽減助成とかもあります。

私立高校の場合兄弟がいると授業料とか安くなるというとこもあります。

私立高校に通えるか否かは、親の年収に大きくかかわりますね。